沖縄のお墓・石材 | 県内建立No.1

会社情報

代表挨拶

沖縄関ヶ原石材 社長 緑間 禎

品質へのこだわりと自信

沖縄関ヶ原石材では、お客様に「品質の問題で絶対安心してもらう」をモットーに掲げています。
その「品質の安全」を守るためには、良い製品をご提供しなければならない、そのためには原料である石材の「品質管理」と石材を加工する「技術」、この2つが守られていなければなりません。
特に、現在取り扱っている御影石のような花崗岩(かこうがん)は、マグマが噴火し沈殿してできた「深成岩」の一種であり、自然にできたものであるからこそ、品質にはムラが出てしまいます。
お客様へより良い品質の石材をご提供するためには、「石の目利き」が非常に重要になってきます。

採掘場

私たちは、部分的な材料の仕入れで生ずる品質のブレをなくしたいと考え、中国合弁会社を設立。
山から石を切り出すところから、加工、輸出まで一気通貫して自社管理することで、確かな石材の品質を取り扱うことにこだわっています。
更に、中国合弁会社においては、石材加工工場としての安全性を第三者の厳しい目で安全性を判断してもらいたいと考え、ISO9002(石材加工の部)を申請、取得いたしました。

特許への取り組み

現在、沖縄関ヶ原石材では、お墓に関して「石組工法(特許第2783939号)」「2段式香炉(特許第5898723号)」の2つの特許を取得しております。
弊社が特許取得に積極的に取り組んでいるのは、自社製品のオリジナリティの追求はもちろんですが、特許に裏付けされた技術であることが、お客様へ安心・安全な製品であることの証明となるからです。
また、特許取得という目標を掲げることで、社内での勉強会の機会なども設けることで、会社全体の意識向上にもつながっています。
今後も、より良い製品を産み出すために、常にアイディアを練り続け、会社一丸となり技術開発に邁進いたします。

講演

知財・経営戦略セミナー」での講演
主催:琉球銀行 共催:内閣府沖縄総合事務局 

創業59年 これからも日々精進いたします

採掘場

沖縄関ヶ原石材は、創業以来沖縄県内外の石造りにおいて、あらゆる石材の輸入・加工販売・現場施工に従事して参りました。
今年で創業59周年を迎え、今日まで着実な歩みと伸びを示し、沖縄県下最高の設備と技術陣により、高度な加工が可能となり、これもひとえに当社をご支援ご協力をくださいました皆様のお引き立ての賜物と、深く感謝申し上げます。
お客様第一と考え、お客様のご期待に添うべく努力をし続ける所存でございます。
今後とも一層のご指導、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。